2016年04月21日 22:35  カテゴリ:高校留学体験談

ユタ州の高校留学でオススメの私立・公立高等学校

ユタ州の私立・公立高校で弊社がご薦めする高校をご紹介します。
私立高校:Juan Diego Catholic High School
公立高校:Timpview High School(Provo School District地域の1つの高校です)
これら高校を薦める理由をご説明します。
【地域性】
これら高校のあるユタ州プロボ市、ドレーパー市について
美しいロッキー山脈の中に位置するユタ州には、珍しい風景やザイオンズ・ブライスの両国立公園があります。また、西部への交通の要衝としても知られ、商業、文化の中心地となっています。 州にはプロのバスケット、ホッケー、野球のチームがあり、大学のスポーツも盛んです。州都ソルトレークシティとプロボ市・ドレーパー市周辺では、2002年の冬季オリンピック競技が行われました。
この地域にはアメリカでも有数の私立大学、ブリガム・ヤング大学のホームタウンであり、大学の街としての雰囲気のあるところです。海外留学生にとって、成功する為に必要な能力を養うためには最良の環境といえます。
【安全性】
プロボ市・ドレーパー市での人口10万人あたりの犯罪発生率は全米平均を大きく下回っています。
ここでの凶悪犯罪発生率は全米平均を80%も下回っていることです。
「アメリカ一住み易い町」
過去10年間、プロボ・ドレーパー市はマネーマガジン誌で全米で最も住み易い町の上位に連続してランクされています。
最近10年間の総合ランキングでも全米一住み易い町として高く評価されています。
【ホストファミリーについて】
学生はホストファミリーとの交流により実践的な英語のトレーニングができます。ホストファミリーは暖かくフレンドリーで安全な環境を提供しますので、学生にとってすぐに日本の家庭と離れた第ニの家庭となるでしょう。ホームステイの学生は語学のスキルを実践練習し、ホストファミリーを通じて多くのアメリカ文化を学ぶでしょう。私共はなるべく学生一人ひとりに合った、同じような興味を持つ家庭にステイしていただけるようにしています。これら高校では、家族の新しい一員として、ホストファミリーの活動に参加するよう学生に奨励しております。
次に、各高校の概要をご説明します。
Juan Diego Catholic High School
9 – 12 Grade
生徒数: 約900人
Students per teacher: 17人
School type: Private / 私立
School mascot: Soaring Eagles / イーグルズ

米国西部山岳地域の中で最新、最大の設備を持ち教育レベルの高さを誇り生徒をしっかりとサポートして
もらえる良い学校です。幼稚園から中学校までを含めると生徒数は1800人です。
ユタ州の私立高校の1,2番目にランクされています。海外留学生のための英語準備クラス(EPC)があります。
【海外留学生のための英語準備クラス(EPC)】
EPCは別途費用で、1日2時間×週2回のサポート授業を受けられます。
 1時間目  TOEFL等の英語のサポート
 2時間目  学校の授業のサポート
が受けられ、英語力が劣る留学生でも、きちんと良い成績を修められるように配慮してくれています。


Timpview High School
9 – 12 Grade
生徒数: 約1800人
Students per teacher: 25人
School type: Public / 公立
School mascot: Thunderbird / サンダーバード

閑静な住宅街にあるモダンな設備が整った学校で、学習と活発なスポーツプログラムなど州内で
高い知名度を誇っています。ユタ州公立高校の優秀高校ベスト5の1校です。



留学に関するお問い合わせは、電話番号【0564-46-4671】あるいは弊社ホームページ【www.k-and-e.org】の「お問合せ」からお願いします。








  


Posted by K&E インターナショナル │コメント(0)

2015年12月16日 22:35  カテゴリ:高校留学体験談

高校留学体験談ユタ州その2

アメリカ ユタ州 Juan Diego Catholic High School 高校留学を終えて
【蜂須賀君の留学体験記】2014.8月中旬~2015年5月末

①学校体験
学校自体も大きく設備も整っており、特にスポーツ系のもの。とても過ごしやすい学校だと思います。友達についてまず留学生同士で友達に困ることはないと思われます。現地の子の友達ははっきり言ってその人次第です。僕は特に現地の子に対し抵抗が無かったし、英語を勉強しに来てるという自覚があったので、果敢に声をかけたり、グループワークの際も自分から中に入っていたかいもあり、割と留学生の中では現地の子の友達は多い方だったと思われます。その為、1年という短期間の割には英語が上達できたことは、良かったです。
日本と違うなと感じるところは人種の種類が本当に多いなと感じした。
日本で出会えるのは殆どが日本人たまに中韓人といったところですが、こっちではアメリカ人にと言っても、白人、黒人がいたり、メキシコ、アフリカ、中華系、日系など本当に沢山いるなと感じます。勉強面で違いを感じるとすると成績は大分先生と生徒との仲の良さで決まることがあるなと感じました。その為、勉強だけしようというよりは、わからないところはあえて先生に聞いたり友達と交流をもった方が後に楽だと感じました。

②ホームステイ体験
ホストファミリーは、学校の体育の指導者で入学当初は学校の様子などよく教えてもらいました。
食事は今一つでアメリカ料理にはあまり馴染めませんでした。ホストの両親(Host grand parents)がユタに遊びに来たり、アイダホに住んでるので自分たちが遊びに行ったりして楽しみました。
また、ダウンタウンに連れて行ってもらえたり、クリスマスを一緒に祝ったり、誕生日を祝ってもらったりして日本ではなかなか味わえない体験をしました。

③ 高校留学を通じて
留学してよかったことは、自分の将来が広がったのと選択肢が増えたこと、仲間が世界中に増えたことあげたらきりがありません。中でも大きいのはさらに英語を話せるようになりたいと思えるようになったことです。性格面では明るくなったかなと思います。あと、親から離れ自立への一歩になったと感じます。


K&E インターナショナルの高校留学については、www.k-and-e.org のサイトでご覧ください。
  


Posted by K&E インターナショナル │コメント(0)

2015年12月16日 22:27  カテゴリ:高校留学体験談

高校留学体験談ユタ州その1

アメリカ ユタ州 Juan Diego Catholic High School 高校留学を終えて
【村上さんの留学体験記】2014.8月中旬~2015年5月末

①学校体験
学校の雰囲気はとても穏やかで私には合っていた様に思いました。
最初は何をやったらいいのか、どこへ行けばいいのか全く分からなかったのですが、既にいる日本人留学生に教えてもらってやることが出来ました。
現地の方とも何人か友達になる事も出来ました。
勉強面は宗教の時間が難しく、かなり苦戦しましたが、後半は先生ともコミュニケーションがとれ、何とか出来たと思います。

② ホームステイ体験
最初のホームステイ先は色々と問題があり、先を思うとすごく不安だったのですが、K&Eを通じて現地世話人にホストファミリーを変更してもらいました。次の家族はとてもよくしてもらって幸せだと思いました。
子供さんと一緒に週末は山へいったり、スキーに行ったりと楽しく過ごせました。
お母さんとお父さんはいつも私を紹介してくれるときに「お気に入りの娘なの」と紹介してくれ、すごく嬉しかったです。とても感謝しています。ホストママが東京に来ることが有るようなのでその時に再会の約束をしました。

③ 高校留学を通じて
思い切って行ってよかったと思います。母もいない中、全部自分でやらないといけないので、母の有難みもすごく分かりました。日本では積極的にやれなかった事も今後はやっていきたいと思います。大学選びももっと英語が学べる所に行って、頑張ります。


K&Eインターナショナルの高校留学については、www,k-and-e.org のサイトでご覧ください。
  


Posted by K&E インターナショナル │コメント(0)